Sacred world,  Our great spirit from ancient time

Tanba,Wakasa

 古代の船は風と潮の流れに頼るしかなかった。その為、朝鮮半島の南西部、百済あたりから船に乗ると九州に上陸し、南東部、新羅あたりから船に乗ると若狭湾に上陸したと考えられている。

  瀬戸内海は、小島が多いために潮の流れが複雑で、航海は易しくはなかった。そのため、大陸から畿内へと至るために、日本海側から兵庫県や福井県の河川を利用する道が重要で、海人と呼ばれる人々が活躍した。彼らが開いた道は、住吉神など海上交通と関わりの深い神が要所に祀られていることで想像できる

 また、現在、但馬、丹後、丹波と呼ばれる地域は、かつては丹波王国だったが、この地域には、重要な鉱山が多く、さらに都の建設や造船に欠かせない森林資源も豊富だった。それらは、大陸からの交易物とともに、河川を通じて、ヤマトや京都へと運ばれていった。

i日本海からヤマトへの道

写真の上をクリックすれば、拡大されます。ます

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now