Sacred world,  Our great spirit from ancient time

Nara Area

日本人の心のふるさと

 万世一系が真実かどうかはともかく、日本の天皇制は1400年以上もの歴史があり、これだけ長きにわたって、一国の権威的な存在であり続ける皇室は他にない。その天皇制のルーツは大和にある。

 天皇制は、日本人の心の深いところに根ざしている崇敬の対象ゆえに、国家神道の暴力に利用された苦い歴史もあり、今後もその可能性に注意を払わねばならないが、どれだけ近代合理主義が進もうとも、天皇制は、多くの人々に支持され続けている。その理由は、明確にはわからないが、無宗教と言われ精神的拠り所を喪失した現代日本人にとって、心のふるさというべきものを、そこに感じるからだろう。

 絶対的に正しいと言えるものは何1つないが、長く続いてきているものには何かしらの真実がある。

 天皇は、国民の平和と安寧のために、日々、心をこめて宮中祭祀を行っている。

 日本人が、心のふるさとを感じるものは、目には見えないけれど、何かがいつもそばで見守ってくれている。そう感じさせてくれる有難い存在なのだろう。

写真の上をクリックすれば、拡大されます。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now