Sacred world,  Our great spirit from ancient time

Hida,Suwa Area

日本の東西を結ぶ道。

 畿内 (大和) と東北地方を結ぶ大動脈、東山道は、古代から多くの人が行き交っていた。その真ん中、長野の伊那谷は、日本有数の馬の産地だった。豊富な天竜川水系の水が得やすく,牧草に恵まれた気候で、山に囲まれた谷は馬が逃げにくいという,飼育上の有利な環境があった。紀元5世紀頃からの古墳では埋葬馬が数多く出土しており、当時、馬は軍事的にも経済的にも重要な手段であったことは間違いなく、それゆえ、伊那谷は、大和朝廷と深い関係を持ち続けた。

 また、飛騨には、縄文中期の遺跡があり、そこから発掘された土器は、八ヶ岳の縄文遺跡の影響を受けており、また男根の形をした巨大な石棒は、北陸地方の縄文文化の影響を受けている。

​ 飛騨の地が、古代から日本海や長野地方とつながっていたことを裏付けている。

写真の上をクリックすれば、拡大されます。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now