Sacred world,  Our great spirit from ancient time

Yamanashi,Shinano

ダイヤモンド富士修正 モノクロ
金生遺跡
235863090_4556654671020580_5464604815877864225_n
白糸の滝
白糸の滝の聖域
樹海-2
樹海
樹海
富士吉田 浅間神社
昇仙峡-2
昇仙峡-3
昇仙峡-4
昇仙峡
酒折宮
銚子塚古墳
梅の木遺跡
岡銚子塚古墳
姥塚古墳
大塚古墳 甲斐市
諏訪神社
大石神社
大石神社-2
山宮神社-2

縄文時代に遡る先進地域、山梨と信濃

富士山と八ヶ岳の一番南の権現岳を結ぶライン上に、重要な聖域が並んでいる。権現岳から18kmほどのところに梅之木遺跡という約5000年前の縄文遺跡がある。梅之木遺跡から12kmほど南に行ったところに大塚古墳があり、この場所は、甲府盆地の北の縁にあたるが、その周辺にも加牟那塚古墳など立派な横穴式石室を備えた古墳時代後期の古墳がたくさん築かれている。そして、甲府盆地は、古代、水が湛えられていたようだが、この盆地の南の縁、八ヶ岳と富士山を結ぶライン上に、東日本最大の前方後円墳である銚子塚古墳があり、その周辺には、かなり古い時代の前方後方墳や円墳が無数に築かれている。しかも、この場所は、弥生時代、縄文時代、石器時代まで遡る遺跡の宝庫だ。  

 また、八ヶ岳と富士山を結ぶラインと直角に交わるラインが、夏至の日の日の出ラインで、このラインにそって銚子塚古墳から14kmほど行くと、1116点もの土偶が発見された縄文時代の釈迦堂遺跡がある。この土偶の出土数は、青森の三内丸山遺跡の次に多い。数が多いだけでなく、土偶の一部に意図的な破壊が認められるなど、謎も多い。そして、銚子塚古墳と釈迦堂遺跡を結ぶ夏至の日の出のライン上で、銚子塚古墳から西に3kmほど行くと、鳥井原狐塚古墳がある。この古墳は、甲府盆地を見下ろす標高320メートルの曽根丘陵上に気づかれているが、曽根丘陵上は東海地方の弥生文化や畿内の古墳文化が流入した地域で、大塚古墳や伊勢塚古墳など数多くの古墳が分布する。鳥井原狐塚古墳が注目に値するのは、赤烏元年(238年)の年号が刻まれている鏡が出土したことで、卑弥呼が魏から鏡を授かったとされる239年よりも古い鏡は、日本国内で数点しか発見されておらず、これはその一つである。また、この釈迦堂遺跡と銚子塚古墳を結ぶ夏至の日の出ラインと平行するように、富士山頂と、富士の西麓の千居遺跡のあいだにラインを引くことができる。白糸の滝のそばの千居遺跡は、集落遺跡と祭祀遺跡が一緒に残されている縄文遺跡で、ここには、ストーンサークルがあった。この場所に立てば、夏至の日、富士山の山頂から太陽が昇ることが観測されたのだ。縄文人は、そのことを踏まえて、ここを祭祀場にした。 

写真の上をクリックすれば、拡大されます。

青木ヶ原樹海

青木ヶ原樹海

青木ヶ原樹海内の富士風穴。長さ230m以上、幅5~10m、天井は平均5mの溶岩洞穴。洞内奥部に氷柱がある。風穴の外もひんやりとしている。

ダイヤモンド富士。

ダイヤモンド富士。

山頂から太陽が昇るのを見ることのできる位置は、1日に80mずつ移動していく。

青木ヶ原樹海

青木ヶ原樹海

白糸の滝の聖域、お鬢水。

白糸の滝の聖域、お鬢水。

白糸の滝のすぐ上にある溶岩の窪地に湧き出している水。源頼朝がこの水でほつれた鬢(耳際の髪)を直したという伝説が残る場所。富士講の霊場の1つでもある。

富士ヶ嶺から望む富士山

富士ヶ嶺から望む富士山

白糸の滝

白糸の滝

青木ヶ原樹海 風穴

青木ヶ原樹海 風穴

忍野八海

忍野八海

富士吉田市に鎮座する北口本宮冨士浅間神社

富士吉田市に鎮座する北口本宮冨士浅間神社

荘厳な雰囲気の漂う大社で、富士山登山の登り口にあたるが、もともとは、諏訪明神の聖域だった。

金生遺跡

金生遺跡

昇仙峡、夢の松島

昇仙峡、夢の松島

昇仙峡、仙娥滝

昇仙峡、仙娥滝

昇仙峡の最奥の仙娥滝の「仙娥」とは、中国神話に登場する月に行った女性嫦娥のこと。

梅の木遺跡

梅の木遺跡

八ヶ岳と富士山を結ぶライン上にある5000年前の縄文遺跡。

昇仙峡

昇仙峡

そそり立つ覚円峰

昇仙峡

昇仙峡

夢の松島からの覚円峰

酒折宮

酒折宮

姥塚古墳(笛吹市)

姥塚古墳(笛吹市)

山梨県では最大規模かつ東日本でも屈指の規模の円墳。

大塚古墳 甲斐市

大塚古墳 甲斐市

八ヶ岳と富士山を結ぶライン上に築かれている。甲府盆地の北の縁に築かれている数多くの後期古墳時代の古墳の一つ。この地域の古墳は、このように立派な石室を備えた古墳が多い。

岡銚子塚古墳

岡銚子塚古墳

甲府盆地南東縁の曾根丘陵東端に位置し、一帯は大型古墳が濃密に分布する。標高は425メートルで、盆地を一望できる。 4世紀後半のヤマト王権の影響を受けた銚子塚古墳よりも、岡銚子塚古墳は若干新しいと築造期であると推定されているが、両古墳は、墳形や副葬品や埴輪の形式からも類似性が指摘されている。

銚子塚古墳

銚子塚古墳

東日本最大の前方後円墳墳。富士山と八ヶ岳を結ぶライン上、甲府盆地の南の縁に築かれており、周辺には、前方後方墳、円墳など、古い時代の古墳が多いし、弥生時代、縄文時代、石器時代の遺跡も隣接している。

諏訪神社

諏訪神社

大石神社

大石神社

山梨岡神社

山梨岡神社

立石神社

立石神社

大滝神社

大滝神社

大宮神社(山梨県甲府市)

大宮神社(山梨県甲府市)

山宮神社

山宮神社

浅間神社

浅間神社

甲斐一宮。武田信玄が崇敬していた。

粟島

粟島

粟島を望む高台に天津羽羽神を祀る長浜神社が鎮座している。天津羽羽神は、徳島の吉野川にある日本最大の川中島である善入寺島、かつての名は粟島に祀られていた。粟島と天津羽羽神の関係が、伊豆半島にも見られる。