天地の眼 Eye of Nature

May 17, 2017

いのちの働きに、初めも終わりもない。

過去、現在、未来にわたって変わることもなく、

あらゆるものが、働き合い、補い合いながら連続し、

その模様は、たえず変わり続ける。

  

いのちは、すべてのものに分け隔てなく行き渡っているが、

食べるものと食べられるものが存在し、

前の条件が後のものを限定する。

しかし、食べられることで別の形で生きることや、

前の条件が壊れて次の土台となることもある。

 

時には、いのちの冒険によって、新たな生の条件が作られる。

水中から陸上へ、大地から空へ、森からサバンナへ、大陸から別の大陸へ、

新たな生の条件によって、多様なすみわけが進む。

そしてまた、互いに関係し合い、調和と安定を目指し、矛盾を生む。   

                                                                                                    

                                                                                                 

 

 

 

There is neither beginning nor end in the work of life,

This remains unchanged in the past,the present,the future,

Everything works, continually complementing,

The pattern changes constantly.

 

Life spreads all throughout nature without division,

What eats others is eaten by others,

The previous condition limits the later one.

However life being eaten results in another form of life;

The previous condition that is broken down becomes the next foundation.

 

Sometimes,the expansion of life creates new life conditions.

From water to land,from earth to sky, from forest to savanna,from continent to continent,

The separation of diverse habitats progresses according to new life conditions.

And also in relating to each other,aiming toward harmony and stability, create contradiction.                    

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now